髪のお手入れ

髪のお手入れ

髪のケアにはヘアオイルがお勧め!

髪の毛がダメージを受けてパサパサになっていると、毎日のスタイリングで憂鬱な気分になるものですが、こうしたときには髪の毛を保湿・保護してくれるヘアオイルによるケアがお勧めです。

ヘアオイルは傷んだキューティクルを保護して保湿性を高め、乾燥を予防する効果もあります。
また、シャンプー後に軽くタオルドライした後に付けることでドライヤーの高熱によるダメージを軽減するとともに、髪の毛同士の摩擦を減らしてくれる働きがあるので、特にドライヤーを長時間当てることが多く、就寝中の摩擦によるダメージも心配なロングヘアーの方にお勧めのケア方法といえます。

ヘアオイルは、頭皮を傷めないように毛根付近に塗るのを避け、乾燥しやすくて傷みが生じやすい毛先から真ん中当たりまでを目安に塗るのが基本です。
オイルを付け過ぎるとベタベタになってしまうので、手のひらにヘアオイルを1潤オ2滴(ロングの場合には3~4滴)を取り、そのまま両手を軽くこすり合わせるようにして両手の指の間までオイルを伸ばした後に、その手を使って毛先の内側から揉み込むようにしてオイルを馴染ませていきます。
また、乾燥しやすい時期のお出かけ前には、毛の表面になでるようにしてオイルを軽く馴染ませるのも乾燥予防に効果的です。

このように、髪の毛のダメージやパサつきにお悩みの方にはヘアオイルによるケアが有効ですが、ヘアオイルを選ぶときにはツバキオイル、オリーブオイル、ホホバオイルなどの植物由来の天然オイルを主原料とする製品を選ぶと頭皮への刺激も小さいので安心して利用できます。

髪の毛のケア方法

髪の毛は第一印象を決めるための重要なパーツになります。ツヤや潤いがしっかりした綺麗な髪であれば、人に好印象を与えることができます。 そのためのケア方法としては、静電気の起こりにくい天然素材の自分の髪質に合わせたブラシを選んで頭皮をブラッシングしていきます。最初は毛先を解して頭の形に沿うように上から下に丁寧にブラッシングしています。シャンプーするときのケアとしては、乾いた髪にトリートメントを丁寧につけゴムで束ねてアップにするか、蒸しタオルで5?10分放置して、トリートメントを洗い流してシャンプーとリンスを行なっていきます。洗うときには、38℃ほどの熱くないお湯でたっぷりと頭皮などを濡らしていきます。シャンプーはたっぷりの泡で行ない、しっかりと根本や頭皮なども洗い落とします。 拭くときには水分を落とし、乾いたタオルで水気を吸い取るようにマッサージしていきます。タオルドライした後は、トリートメントやオイル、クリームで保湿を行ない、ドライヤーで乾かしていきます。ドライヤーは20僂曚貧辰靴董▲ューティクルの方向に沿って根本から毛先に向かって風を当てていきます。 乾かし過ぎると乾燥の原因になってしまうため8割ほど乾かします。

check

効果的な電解効能の高濃度水素水

水素水 効能

無料書体確認&安心の10年保証ではんこの作成ならお任せください

印鑑 通販

カラコン 激安 バービーアイ | デカ目、度あり、シリコーンハイドロゲル、1年使用 カラーコンタクト500円〜

カラコン 自然

紀州梅干の通販、お取り寄せ

おいしい梅干

授業力では必ず負けない、精鋭のプロ講師による1対1の個別指導です。

医学部 予備校 大阪

企業紹介、採用動画、働く人の人間ドラマ、商品説明動画など、伝えたい内容を的確に伝える映像を制作します。

映像制作

2016/11/11 更新